英語で日記をつけると英語が話せるようになる

<英語で日記をつけると英語が話せるようになる!/h3>

なかなか英語が話せないんです。

言葉が出てこない!

文法がめちゃくちゃな気がする。

ちゃんとした英語が話したい!

こんな声多く聞きます。

私がいつもお勧めするのは

「英語で日記をかく」こと。

日記というとまるで幼稚園の時に書いたものと

勘違いして、英語ブログを書かせたときに

ある学生が

“ I got up at seven and ate breakfast. I came to school and….”

(7時に起きて朝ごはん食べて大学にきました。そして。。)

なんて書いていたので、思わず苦笑!

何かテーマを決めて一つ書くんです。ブログやFacebookなどに

書く時みたいにするんです。

一つのパラグラフには一つのことを書くのが原則です。

前にも書いたことがありますが、

何でも、「書けないものは話せない」のです。

え?英語を書くなんてハードルが高い?

機械翻訳なんて頼っちゃだめですよ。

最初は短くてもいいんです。ツイッターに書くみたい

に短くてもいいんです。

I went to the gym for the first time in 3 months.
It was so refreshing!

(3か月ぶりにジムに行った。とてもリフレッシュした)

まず〇〇ぶりってなんだろう。。って調べるかもしれませんね。

だんだん慣れてきたら

I went to the gym for the first time in 3 months.
First, I was hesitant to go there because I did not want to
get infected with corona virus.

もっと慣れてきたら、

I went to the gym for the first time in 3 months.
First, I was hesitant to go there because I did not want to
get infected with corona virus. However, the moment I
stepped into the gym, I felt relived. The door was open,
there were many hand sanitizers. In addition, there were few
people because it was early afternoon.

そして何よりも、自分が知らない語彙、イディオム、言い回し

を調べて覚えられる。また新しく覚えた言葉

などを実際に使うことができる。

暗記して頭の中にあるものを実際に使ってみることができる。

これ上達のコツです。

その他にも文法のどこがわかってないかなども顕著に

現れます。

話し言葉は消えてしまいますが、書くときちんと残りますから
正しい英語が身に着きます。

書いてどうすればいい?

ここが問題です。

まず自分だけで書いていても、読み手がいないとつまらない。

だから続かない。

勿論SNSにUPしたり、外国人の知り合いにメールしても

いいでしょう。

しかし、やはりここは見てもらった方がいいです。

いつも生徒さんに言っているのですが、スピーキングとライティングは

独学ではなかなか伸びません。

自己投資してください。一番はマンツーマンです。

はっきりいってライティングはマンツーマンでないとなかなか指導

できません。

先週大学で17人のクラスの学生に,

“If you are given one month to change your life, what would you do?”
(もし人生を変えるために1か月与えられたら、何をするか?)

という300字エッセイを書かせたのですが、添削がめちゃくちゃ大変でした。

英語の問題というより、ロジックがめちゃくちゃ。

そして、話が急に飛ぶ。

I will exercise for one month and lose 5 kilograms and become
like 〇〇.(有名な韓国の女優) Do you know 〇〇? She is..。。。。

(私は1か月運動をし続けて3キロ痩せ、韓国の女優〇〇みたいに
なるんです。どころで〇〇知ってますか?彼女は。。。。)

お話をしているのではないんです!!こんな例がたくさん。

あと、自分を変えるために1か月何をするのか?がメインなのに、

痩せたい!なぜならと延々と理由を書いて終わってしまうなど。

添削にめちゃ時間がかかりました。

コンピュータで英文エッセーを自動添削してくれるものは

なかなかまだないですからね。

文法の簡単な間違いや、小さなミスは見つけてくれるかもしれませんが

正しい意味、語法、ロジック、論理性などは添削してくれません。

よくあるのは、英語が書いてある。文法も間違ってはいないのですが、

意味がさっぱりわからないという怪文。

日本語で考えて書いているからなのでしょうか?

学生を呼んで、これ何がいいたいの?

と聞くと、長々と説明してくれますが、そんなことをしないと

理解不能なものもあります。

TOEICやTOEFLのような300字エッセイはまだいいので、

まずは身近なことを毎日書く英語日記から始めるのは

どうでしょうか?

絶対スピーキングも伸びますよ!