若い時に海外留学すると人生が変わる!

心配なデータがあります。

日本から海外に留学する人数はどんどん減っているようです。。

文部科学省のデータによれば、2004年の82,945人をピークに、

2009年には59,923人にまで減少しているようです。

日本人の海外留学者の約半分はアメリカに留学していて

そこでの日本人留学者数の減少傾向は、さらに顕著だそうです。

2018年1月、各国の科学技術力の分析にあたる全米科学財団

(National Science Foundation, NSF)が発表した報告書Science and

Engineering Indicators 2018で、中国の科学技術の 論文発表数 が初めて

アメリカを抜いて世界首位とのこと。

論文数ランキング10位までは、1.中国 、2.アメリカ、3.インド、
4.ドイツ、5.イギリス、6.日本、7.フランス、8.イタリア、9.韓国、10.ロシア

中国を筆頭に新興国の躍進が著しい中、日本は論文総数が13%減。

減少傾向にある国は日本だけという事態です。

文部科学省はこの傾向に懸念を懐き、「とびたて留学JAPAN」

https://tobitate.mext.go.jp/

などの奨学金制度を始め。留学促進のためにエールを送っているようですが、

なかなか増加しません。

いったいどうしてなんでしょう?

私の多くの大学生を25年間見てきた経験からいいますと、

1) ここ(地元)がいいという保守傾向

とくに英語を専門としない大学の学生に多いのですが、将来どこに

住みたいか?など聞くと、ほとんどが“ここ”がいい。(東海地方なら

名古屋市、岐阜、一宮。。。などと答える学生が多い)

住みやすいそうです(汗)

(2)英語への苦手意識

これも大きい!英語に自信ないし、海外の大学でついていける

わけがない。絶対いやだ!とうです。

(3)日本以外は治安が悪い?(危ない?)

これはわかる気もしますが、学生たちはテロが怖いとか、

アメリカは銃社会だからなどと、真剣にいいます。

心配しすぎるのもねえ~!言い訳かも?

(4)やはり団子社会は居心地がいい

前のメルマガにも書きましたが、日本ではいろんな意味で

周りに甘えられる。海外ではなんだか一人で不安だ。

なーるほどねえ。もっと独立心もってほしいなあ。

まあ大学にもよります。英語関係が専門の私の教えているN外大

は、留学のための奨学金を出しているため、学生は本当に留学

したい子ばかりなんです。

しかし、留学なんて~と怖気づいている若者にいいたい!

留学すると人生が変わります!

☆視野が広くなる

日本では当たり前だったことが当たり前でないことに気づき、

一つのことに対してこんなに多くの見方があるのかなどがわかり

唖然とします。若い時に行けば行くほど柔軟性もありますし、

そのような多様な見方ができるようになりなります。

私の高校での留学時代はまさにそれ!アメリカ人だけでもいろんな

考え方の人がいるのですが、他の国の留学生との交わりでも特に

そのような多様的な見方が身に付きます。

☆やはり語学が伸びる

留学時代の過ごし方にもよりますが。(例えば日本人ばかりと群れるとかダメ!)

サバイバルのために必要であることに加え、

授業のために膨大な量の英語を読み、クラスで討論に参加する

そしてたくさんのレポートを書く。

なかなか日本にいてはできませぬ。

本当に使える英語が身に着く。これからの企業などで

必要とされる本物の英語力がマスターできます。

☆コミュニケーション能力が伸びる

言わないと伝わらない文化ですから、言わないとわかってもらえない。

留学して帰ってきた高校生、大学生にあうとますますsociable(社交的)

になっているのには驚きます。

前よりも明るくなり、自分の考えや想いを語ってくれる。

☆自分に自信がつく

私(僕)は〇年海外でやってきたんだ!すごいな~

この自信は大きいです。今後の人生に役立ちますよ☆

これからも新しいことにチャレンジするにもできるような

気がしてきます!

飛び立て若者たちよ!と言いたい。

しかし若者の留学への野心だけではなく、企業の留学に対する

積極的あ評価も必要ですね。

学生が留学しようかと迷う理由に、就活があります。留学していると

就活の時期に遅れる、プラスになるのか?など。

留学経験が就職に+になればもっと留学も増えるかもしれませんね。

Gap Yearなども取り入れられ、認められるといいです。

もっと多くの若者が留学してほしい!

飛び立て!若者よ!!