アルコールと英語の関係

アルコールと英語の関係

前に日本語を勉強するために日本の大学に通っている
アメリカ人が、

いつも日本語が思うように話せないと悩んでいるのに、

ある日嬉しそうに話してくれました。

「昨日居酒屋で、知らない日本人のグループといつのまにか
一緒に飲んでいて。。

信じられないことに日本語がペラペラと話せたんだ。
これはもう毎日お酒飲まないと!」
と冗談めかしていってました。

そういえばワイン会でも、私が酔った勢いで
英語を話しても、

“オーイエース”

とノリノリで英語を話してくる人も!
(普段は話せないと本人は言っていますが)

そこで友人の先生のFBでこんな記事を見つけました。

Alcohol helps speak foreign languages better, according to study.

リバープール大学のリサーチによると、
ある程度(moderate)アルコールを摂取したほうが、外国語が
上達する?

ということ!ええええ?

まさか学校でそんなことできないし~!

でも結論は、外国語を話すときの不安(よく言われていますが)
を取り除くからだそうです。

確かにお酒を飲むと“気が大きく”なりますよね。
そしてこれをしたら笑われる、
恥ずかしいという気持ちが薄れます。

でもそれが大事!!

私は個人的に日本人の(特に)英語のスピーキングが伸びない
のはこの“不安”が強いからだと思います。

去年のセミナー「なぜ日本人は英語が話せないのか?」
の中で何度も力説しましたが、

日本人は恥ずかしがりやで、完璧主義なところがあるんです。

それは小さい時から培われています。
失敗したら笑われる! こんな間違いをしたら恥ずかしい!

いつも大学の授業で学生たちがモジモジして手を挙げて
答えないので、口を酸っぱくして言っています。

“Don’t be afraid of making mistakes. You will learn by making ones!”
It’s okay!”

間違えるのを恐れないで!間違えてこそ学べるんだよ。大丈夫だよ~“

それを聞くと、そうだ!と思った学生がチラホラ手を上げます。

お酒を飲んで英語の会話を勉強することを勧めている
わけではありません。

あんな感じで、肩の力を抜いて、リラックスしながら、
間違えを笑い飛ばせるようなメンタルをつくりましょう。

Yes, you can change! Go for it☆

今日からやってみましょう。