英語のノートティキング

英語のノートティキングの大切さ

公立大学の優秀なクラスの英語授業で、

簡単なダイアローグを聞かせてノートをとるように言いいました。

でも、みると誰もほとんど何も書いてない!

「何をどう書いたらわからない」

と口をそろえていいます。

聞けばそのようなことを学校の英語授業で習って
来なかっとのこと。

二人の人が今度の大統領選挙にだれを選ぶかを話し合っている
場面で、

候補者AとBのいいところ、悪いところを簡単に述べて、
どっちもだめだ~というダイアローグ。

内容的にもそんなに難しくはないのに、ノートがとれない。

ノートテーキングは大切なスキルです。

例えば海外の高校、大学などで
授業をとれば当然必要だし、

講演会に行ったり、小さなミーティングに出ても
誰かが重要な情報を与えてくれるわけだから、

ノートをとるのはとても大切なことです。

テクニックは、はっきり言ってこれだ!というのはない。
人それぞれだから。

ただ言えることは、

全部書こうとしない。

あたりまえだけど、ある程度内容がまとまったら、キィワードを書いて
簡単にまとめること。

英語ならどんどん略字を使う。Mon Wed  Janなど。

また、ノートをとる言葉が必ずしも英語でなくとも、日本語でもOK.

漢字は短くすぐ書けるから便利です。

私はアメリカの大学、大学院の講義は日本語で
ノートテーキングをしていました。

教授が話すことの内容がある程度まとまったら、
それをさっと日本語でまとめるのです。

隣のアメリカンの学生が、前に休んだからノート見せてくれない?
と私のノートをのぞき込んでギクッ??

「なんだこりゃあ?」

あの~日本語なんですけど~(笑)

アメリカでは先生が丁寧に黒板に文字を書いてくれないし、
とにかく早口だ。

プラス、一方的は講義だけではなく、どんどん学生も発言して
授業が発展していきます。(そこは素晴らしい!)

そして、自分もノートとりながら、議論に参加しないといけない
から忙しい!

あれ?TOEFLやTOEICテストではリスニングの時にノート
とってはいけないのでは?

どいう疑問があるかもしれませんが、それはそれ。

実際の場面でノートテーキングスキルは役に立ちます。

プライベートレッスンの時に、

TOEFLのような
長いレクチャーを生徒さんにノートテーキングさせると
イライラしてきます。

「ええ?まだあるの?
書ききれないし、自分が書いたものを読んでも読めない!」

と悲痛の声が!

安心してください。
練習すればできるようになります。

今までやってこなかっただけで、慣れていないのです。

英検のリスニングは別にノートとってもいいので、
レッスンの時にノートを取るように生徒さんにいいます。

上達するには、

まとまった話を聴いてみる。英検のパート3のようなショート
パッセージ、TOEICのパート3のナレーション。

これは独学でもやりやすいです。
自分でちゃんと正しく書いたか確認できるから。

だんだん慣れたらTED TALKSみたいな長いものにも
挑戦してみましょう。

スクリプトもダウンロードできますからちゃんと確認できます。