海外ドラマからの英語を学ぶその3

海外ドラマからの英語を学ぶその3

どんなに忙しくても、相変わらず見ています。アメリカンドラマ。

一つのドラマを見始めると、たいていはすべてのシーズンを見終えます。

よくいう“binge watch”(一気見)はしません。
よく外国人が、〇〇面白かったら、もう2,3日でbinge watchしたよ

なんて言ってるのを聞くと、自分は絶対無理だと思いました。

しかし、ある面白いドラマを見始めると、その世界にどっぷりと浸かります。

犯罪ものなど見ると、夢に怖い殺人シーンが出てきたり、

誰かに追いかけられて、隠れている夢を見たりします。

(その時は英語で夢みてるかも)

前にも書きましたが、ドラマは短い(45分から50分)なので

映画みたいに時間が取られませんし、話題のドラマなど見ると

外国人と話が盛り上がります。

おすすめはNetflix かな?月々安いし、面白い海外ドラマが沢山あります。

(韓国や日本のもあります。)

前置きが長くなりました。

今見ているのは 

お互いベストフレンドと呼び合う母と娘の話 「Gilmore Girls」

犯罪は出てこないし、とても軽いノリで面白い。またママの会話が必ず

シニカルなジョークで始まるのも面白い。
思わずクスッと笑えるシーンも沢山あります。

それではああ~!とか、なるほど!と思った表現です。

① “Your face is twitching! ”  あなた顔が引きつっているよ。

なかなかひきつるなんて出てきませんよね。

主人公(ママのローレライ)の気難しいお母さんが普段はあまり表情を変えないのに、

何か答えたくないことを娘に指摘されたときに顔がひきつる。

表現とともにそのシーンが思い浮かびます。

”Hey, why is your face twitching?”

② “I have butterflies in my stomach.” めちゃ緊張しちゃう!

主人公の娘が初デートの時に、不安そうにママに言うところ・

お腹の中に蝶がいるみたいにドキドキするってことかな?面白いですね

③ ”I need to sleep on it.” 一晩寝かせて考える。

これはすぐに決められないような難題を抱えたときに、主人公のママが

深刻な顔をして言っていました。

とてもうまい表現だと思いますね。こんな表現普通に使ったら英語の

達人にみえますよ。

④ I am hooked! (私はまっちゃった)

ドラマで何にはまったか覚えてないですが、会話でよーく使います。

I am totally hooked on this game.

(私、めっちゃこのゲームにはまっちゃった!)

⑤ Knock yourself out! (思う存分どうぞ)

アメリカ人と話していてこの表現を聞かないことはないくらい

Popularな表現です。主人公がみんなに、どーぞ、なんでも食べてね~

と自分が働くホテルでパーティを開催したときに、集まった人に

元気よくいいます。

あと、懐かしいを思ったのが、主人公のローレライが何かを探すときに

“Marco”

というと娘のローリーが
“Polo”

と返事をするところ。

これはアメリカの有名な遊び鬼ごっこのマルコポーロを真似したもの。

目隠しした人が、Marco

というと、Poloとみんなが答えて、その声を頼りに鬼が捕まえに

いくというもの。

ドラマに大人の世界でも普通に出てきて興味深かったです。

そうそう、見るときは、すぐにメモとれるようにしてみるといいですね。

カタカナでもいいので書き込んで、後で調べたり、先生に聞くなど

すればいいでしょう。

皆さんも楽しみながら英語表現を学んではいかがでしょうか?