Small talk(世間話)の大切さ

英語のsmall talkって大事!

アメリカ人の友人たちと、日本人のビジネスマン
グループとホームパーティをしていたときのこと。

パーティが終わった後アメリカ人の友人が私に
言いました。「彼らは本当にアメリカで仕事をし
ているの?」

「え?なんで?もちろんだよ!」

と私。普通に英語で笑いながら話していて楽しそう
だったのになぜ?

友人曰く。

「彼らは初めて会うのに私たちにちょっと失礼なこと
を聞いていたの。例えば、私の年齢だとか、教会に
行ってるのか?月収の話とか。。。」

私は絶句しました。

そうです。日本では私たちは英会話を学んでいても、
どんな話題が適切か、不適切かなどあまり教えられ
てないようです。

女性に対して、年齢、結婚をしているか、子供が
いるかどうか、離婚、再婚、宗教や人種の話題なども
あまり好ましくないです。

その他、太っているとか痩せているなどの身体的な特徴も
ふれないことが原則です。

要するに、仕事以外のパーティでの席、親しい友人
以外の人たちとは、いわゆる“small talk” 世間話をするの
がいいのです。

ビジネスでもいきなり本題にはいらず、small talk
からはいるようです。

一番一般的なのは天候の話。
その他にも、ここまで来る空の旅がどうだっか?
日本は来てみてどうか?

予め会う事がわかっている相手なら、少し相手の情報
を少し調べる必要があります。(家族持ちなのか、
最近どんなことがあったのか?とか)

It has been so cold these days.  (ほんと寒いですよね)
How was your flight? (空の旅はどうでしたか?)
How do you like Japan so far? (日本の印象はどう?)
How is your business? (景気はどう?)
How was your trip to ~?(~への旅はどうだった?)
How is your family? (家族はどうですか?)

Small talkがうまくいくと、雰囲気が和らぎ、仕事も、また
その後も親しくなるきっかけになるでしょう。

国によってタブーの話題も異なるので事前に調べておきましょう。